Event is FINISHED

Mirai-Lab 研究の未来をデザインする #1

Description

Mirai-Labは、

研究に携わる学生や社会人(民間・大学・官庁)が、

研究の未来を考え、創るために、

集まり、学び、議論するコミュニティイベントです。



イベントページURL

http://mirai-lab.strikingly.com/


日時

2018年3月24日(土)13:00 - 21:00


会場

東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階 3×3 Lab Future(大手町駅徒歩2分)

http://www.ecozzeria.jp/about/accessmap.html


参加費

学生・アカデミア関係者 【無料】

企業関係者・その他社会人 メインイベント:2000円、懇親会:3000円


プログラム

<メインイベント>(13:00-19:00)

第一部「研究者の多様な働き方」

一口に「研究者」といっても、大学・研究機関の研究者と企業内の研究者では、働き方が大きく異なります。

また、研究を行いながら研究室発ベンチャーの経営を行う研究者も現れており、働き方が多様化しています。

多様な働き方をする研究者のみなさまにご登壇いただき、未来の研究者の働き方を考える機会にしたいと思います。

ご登壇者:川原 圭博氏(東京大学大学院情報理工学系研究科准教授、株式会社SenSprout 技術アドバイザー)

研究室ウェブサイト:http://www.akg.t.u-tokyo.ac.jp/



第二部「研究費2.0」

研究者の働き方とともに、研究資金の獲得方法の多様化も進んでいます。

未来の研究者が継続的に研究を行うためには、どのように研究資金を獲得していくべきなのでしょうか。

科研費・企業からの研究資金・ブログやサイトの運営による広告収入・クラウドファンディングなど、

研究資金の多様な獲得方法について、実体験を元に語っていただきます。

ご登壇者:

・柴藤 亮介氏(アカデミスト株式会社 代表取締役)

アカデミストウェブサイト:https://academist-cf.com/

<アカデミストによって達成したプロジェクトの例>


・各務 茂夫氏(東京大学教授 産学協創推進本部 イノベーション推進部長)

東京大学産学協創推進本部 ウェブサイト:https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/index.html


第三部「研究と社会を繋ぐ、サイエンスコミュニケーション」

研究者が生み出した研究成果を社会に届けるために欠かせないのが、サイエンスコミュニケーションです。

そのサイエンスコミュニケーションに携わるみなさまに、どのように研究を発信するべきか、

どうすればアカデミアと社会のギャップを埋めることができるかについて、お話いただきます。

ご登壇者:

・横山 明日希氏(数学のお兄さん、日本お笑い数学協会 副会長、Science Meetup Sumida 共同代表、理系+ 創設者)


・小幡 哲士氏(早稲田大学大学院政治学研究科、NPO法人サイエンスリンク 初代代表、NPO法人ガリレオ工房)


・久野 美菜子氏(東京大学大学院学際情報学府修士課程、研究の未来をデザインするメディアLab-On 編集長)


第四部「研究の未来を考えるワークショップ」

未来の研究者の働き方、研究費、研究と社会をつなぐ方法について聞き、

みなさんはどのようなことを感じたでしょうか。

グループに分かれて、研究を取り巻く課題と、その解決策や改善策をディスカッションします。

ワークショップの結果を全体に共有したあと、意見交換を行い、未来の研究のあり方を描きます。


<懇親会>(19:00-21:00)

研究への熱い想いを持った仲間や、アカデミアをもっと良くしたいという想いを持った仲間が多く集まります。せっかくの機会なので、参加者同士仲良くなり、イベントの後も続く良い出会いが生まれれば嬉しく思います。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#326073 2018-03-23 11:10:20
More updates
Sat Mar 24, 2018
1:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
企業関係者・その他社会人(メインイベント+懇親会) SOLD OUT ¥5,000
企業関係者・その他社会人(メインイベントのみ) SOLD OUT ¥2,000
学生・アカデミア関係者(メインイベント+懇親会)【無料】 FULL
Venue Address
千代田区大手町1丁目1−2 Japan
Organizer
Mirai-Lab ~研究の未来をデザインする~
33 Followers